ここは、FF@ラグ鯖在住ガルカNoroshiのニー日記です。
by noroshi5
カテゴリ
profile
トゲバット団
本日ののろし
こたけ
うちのLS
そのころ、薬師は…

雑記
創作活動
リアル
トラバ
トゲバット団?
……
お気に入りブログ
エキサイト以外のリンク
創作活動とFFを天秤にかけてみた。
リアルとヴァナ

元ネタ:ひとり言ブログ

 団長の記事からトラバ。

 
 私もリンク先のブログ見て痛感しました。
 私自身、仕事道具であるPCに現実逃避できる道具があるわけで、創作活動が行き詰まる状況になるとすぐさまFFへ逃げてました。






 将来と目の前のモノを比べれば、明らかに答えは決まってます。
 FFの特徴として、PTでの時間拘束が平均2時間ないし3時間なもので、どうしても生活時間の何かを削ってプレイするしかありません。


 私の場合、将来の夢に直結する創作活動に使う時間を消費してFFをプレイしてきました。
 その結果、白紙のままの原稿用紙。
 創作活動に時間を使いたいと、残業の多いプログラマーを辞めてコンビニのバイトに入ったのに本末転倒です。
 

 オンラインゲームプレイヤーのプロの作家さんのサイトを見ると、仕事とゲームの時間をきっちりと区切りをつけてがんばってる人が多いです。
 締め切り近くになってゲームしているという作家さんはほとんどいません。
 私はどっちかというと夏休みの宿題状態で、締切り間際になってあたふたと慌てる人間です。


 プロを目指すなら、いつまでもだらだらとした気分で日々を過ごしてはいけない……。


 もちろんオンラインゲームをやめなければ作家になれないというわけではありません。
 作家を目指す人は登竜門に受かるために並ならぬ努力、学習を積むのです。
 オンラインゲームを続けるなら、私はその人たちの半分の力(時間)で挑まなければいけません。


 でも、わたしはFFをやめません。これは廃人宣言でもありません。
 FFでの仲間との会話や、人間関係など、多くの場面で勉強になる部分はたくさんあります。決して無駄な時間ではない。


 作家を目指したい、だけどFFも続けたい。
 だから私は自分に制約を設けました。


 常に一定のペースで創作時間を設ける。
 毎日1行でも先へ、ペンを進める。
 一行書くのに一日かかるときもあれば、1分に満たないときもあります。


【一日一行の覚悟。】


 制約というには楽すぎるモノです。
 でも、


 大事なのは、継続。

 大事なのは、改善する心構え。




 これでがんばってみようと思います。
[PR]
by noroshi5 | 2005-08-04 15:33 | リアル
<< のろしです。 納涼 ニー祭! >>